近年ホワイトニングを実施する歯科は増えており、気軽に実施してもらうことが可能です。そんなホワイトニングに対し、どのような魅力やメリットが気になる人が多いのが現状です。そこでホワイトニングを行うことによって、どのような効果を得られるのか紹介します。またホワイトニングを実施している歯科の簡単な選び方なども解説していきます。

ホワイトニング・歯を白くする方法を実施することで発生する様々なメリット

2つのメリットが発生しているホワイトニングと簡単な歯科の選び方

色んな年齢の大人が受けている魅力的なホワイトニング

全国各地の様々な歯科では、虫歯や歯周病の治療を行っているだけではなく、ホワイトニングを行っています。

歯科によってはホワイトニング専門になっている場合があり、多くの人が気軽に受けられる環境が整えられています。

そんなホワイトニングは歯を白くする薬を使用して、歯の黄ばみや黒ずみなどを解消する方法です。

人によっては深刻な歯の汚れが発生してしまい、本来の白さを維持できていない場合があります。

そのような時にホワイトニングを行えば、歯の黄ばみや黒ずみを解消することができ、綺麗な歯をキープすることが可能です。

主に歯科で実施するオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングに分かれており、歯科でどのようなホワイトニングを行うのか異なっています。

歯に発生している歯の黄ばみや黒ずみを解消できる魅力

ホワイトニングを行うことによって、現状発生している歯の黄ばみや黒ずみを解消することができます。

毎日歯磨きをしていても残念ながら食べ物や飲み物の影響によって、どうしても歯に着色汚れが発生します。

そこでホワイトニングを行えば、歯磨きでは落とすことができなかった着色汚れを解消でき、白くて美しい歯に整えることが可能です。

これによって歯に発生していた黄ばみや黒ずみを解消することができ、魅力的な歯を長い間維持できるようになります。

歯の黄ばみや黒ずみなどのコンプレックスを抱えている人は、ホワイトニングで解消することができるので効果的です。

一度のホワイトニングでも一気に綺麗な歯に整えられる可能性を秘めているので、大人を中心に高い人気を獲得しています。

深刻な黄ばみや黒ずみが発生している状況でもホワイトニングによって、綺麗な歯に整えられるチャンスが発生しています。

ただ歯の神経が死んでいたり、妊娠もしくは授乳している女性は残念ながらホワイトニングを受けられないので注意です。

歯を綺麗にすることで周りの人に好印象を与えられるのが特徴

たくさんの人がホワイトニングを受けている理由で、周りの人に清潔な印象を与えられるので好印象に繋がるメリットがあります。

人間は第一印象によって、その人の印象や雰囲気などを判断しやすく、歯が綺麗だと清潔な印象を与えやすくなっています。

もし歯が汚れていると不潔もしくは汚い印象を持たれるので、悪い印象を与えやすいのが実態です。

特に接客や受付など人と多く接する仕事をしている人には大きな問題です。

その他にも営業の人も良い印象を与えられるように積極的にホワイトニングを行っており、清潔感を与えられるようにしています。

それほど第一印象に影響を及ぼすので、現在たくさんの人がホワイトニングを受けている状況です。

そして綺麗な歯を手に入れることで、周りの人に少しでも好印象を与えられるようにしています。

実際ホワイトニングで歯を綺麗にした結果、良好な人間関係を築くことができている人も多いです。

このようなメリットが発生しているので、以前よりもホワイトニングを受けている人が増えています。

ホワイトニングを行っている歯科選びで費用と実施方法に注目

色んな地域の歯科がホワイトニングを行っているので、希望している人は迷ってしまうことも少なくありません。

そこでホワイトニングを行っている歯科選びで、どのくらいの費用が必要になるのか比べることが重要です。

同じホワイトニングを行っている歯科でもホワイトニング剤や使用する器具などによって、支払わないといけない費用が異なります。

中には高額な費用を支払わないといけない歯科もあるので、注意しないといけません。

お得な費用で目的のホワイトニングを受けられる歯科もあるので、徹底的に比較することが必要です。

その他にもホワイトニングを行う歯科によって、実施方法が異なります。

オフィスもしくはホームのどちらかを行っていたり、オフィスとホームどちらも実施するデュアルホワイトニングをしている歯科も存在しています。

どのようなホワイトニングを希望しているのかそれぞれ異なっている為、希望しているホワイトニングを行う歯科を選ぶことが大切です。

歯を綺麗にするだけではなく周りに良い影響を与えられるのがホワイトニング

ホワイトニングを実施することで、歯を綺麗にできるだけではなく、周りにも良い影響を与えることができます。

歯の汚れに対するコンプレックスを解消でき、清潔な印象を与えやすくなるので良好な人間関係を築きやすいのがメリットです。

英会話中に歯を見られた時もホワイトニングによって、歯が綺麗になっているので悪い印象を極力与えないで済みます。

そしてスムーズな英会話を行える可能性が高まるので、多くの人がホワイトニングを受けている状況です。

歯科によって支払わないといけない費用やどのような方法でホワイトニングを行うのか違っています。

そこで比較をしていき、少しでも納得できる歯科を選ばなくてはいけないです。

リーズナブルな費用に加えて、自分が希望しているホワイトニング方法を行う歯科を選べば、満足できる結果を得やすくなります。

ホワイトニングだけが歯を白くする方法じゃない!実は白くするだけなら色々なやり方を見つけた!

歯を白くすると言うとホワイトニングという言葉が浮かんできます。

しかし歯をきれいに白くする方法は、ホワイトニングだけではありません。

代表的な方法をそのメリットとデメリット含めて見ていきます。

自分の歯に合った歯の美白を、見つけることが最も大事なので、白い歯にする何種類かの方法ををしっかりと把握しておきたいですね。

歯を白くする方法にはどんなものがある

普通歯を白くすると言うと、ああホワイトニングねと言う声が返ってくることが多いですね。

しかし歯を白くする方法は、ホワイトニングと呼ばれるタイプのものだけではありません。
他にも色々とやり方があるのです。

まずは歯を削らずに白くする方法です。

ホワイトニングと呼ばれるやり方は、歯を削らずに白く出来るので人気です。
歯科医でやって貰う方法と、歯科医の指導のもとに自分でやる方法があります。

またホワイトコートという方法もあります。
要は歯のマニュキュアです。
歯の表面に白い材料を塗りつけるのですね。

これ市販の製品もありますし、歯科医での施術も行われています。

加えて近年流行の兆しを見せている方法があります。
審美改善専用マウスピースと呼ばれるもので、アメリカで人気のものです。

極薄のプラスチックを歯の表面を覆い、白くするのですね。
取り外し自由なので、使いたい時だけ使用ができます。
ただ歯自体を白くは出来ません。

そして歯を削って白くするという方法です。
これも単に削るだけでなく、薄く削った後にセラミックを被せたりして白く見せるのですね。

虫歯などの治療で削った後など、これをしてもらうときれいで丈夫な歯に仕上がります。

ホワイトニング

まずはホワイトニングから見ていきます。

これもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの方法があります。
読んで字のとおりに、歯科医院でやって貰う方法と自宅でやる方法です。

歯科医院では強めの薬剤を使用して、象牙質の色を白くしていきます。
最も着色するのが象牙質なので、ここを白くするのが効果的なのです。

ホームホワイトニングの場合、弱めの薬剤をマウスピースに塗ってそれを装着するものです、大体1日5時間位、かぶせておく方法です。

オフィスホワイトニングの場合、効果が出るのが早いのが特徴ですが、色が戻りやすいというデメリットがあります。

一方のホームホワイトニングの場合、時間はかかるけど徐々に白くなるので違和感もなく、マイルドに仕上がります。

どちらにするかは歯科医と相談の上がおすすめですが、近年この2つをあわせて行う方法も取られています。

ホワイトニングは美容に分類されますので、保険の適用外です。
なので歯科医によって使用する薬も違ってきます。
しっかりと相談の上、行うようにしてください。

ホワイトコート

ある意味最も面倒のない方法です。

つめのマニュキュアのように、白い材料を歯に塗っていく方法です。
なので歯そのものが白くなるわけではありません。

色素沈着とかで色のついた歯は、そのままですね。
上に塗って白く見せるだけです。

ただ歯を傷つけたりすること無く行える方法なので、そういった意味では安心ですね。

歯科医でこれを行った場合、これも自由診療になります。
1本ごとにいくらという値段になりますので、結構費用がかさみます。

そしてこの場合、長持ちはしません。
残念ですがせいぜい1ヶ月程度の白い歯です。
金額に対してちょっと効果が短すぎますよね。

ただ手軽に白くすることが可能で、市販で歯のマニュキュアなどとしても販売されています。

短期間の勝負にどうしても、白い歯が必要という時には、結構お役立ちなのも事実です。

基本的に色素沈着を防ぐ

実は最も効果的で、しかもコスパが良いのはこの、色素沈着を防ぐということです。

歯の黄ばみを防ぐことができれば、白い歯をキープすることが出来るのですから、これに越したことはありません。

なので普段から手入れをして、小さな注意で黄ばみを防いでおくのがおすすめです。

色素が付きやすい食べ物は、もちろん赤ワインとかチョコレート、コーヒーなどです。
他にも色味の強い食べ物飲み物には注意が必要ですね。

でもやはり、好きな飲物食べ物は止めたくないものです。
なのでちょっとしたことを普段から心がけてください。

口の中が乾いてくると、色素が付きやすくなります。
なのでこういった食べ物を食べる時飲む時には、水の補給も忘れずにしてください。

口の中を湿らしておけば、汚れもつきにくくなるのです。
唾液が少ない人の場合、唾液でのコーティング代わりにもこの水、必須のものになりますね。

歯磨きも大事です。
しかしできればこの時、研磨剤のないものを選ぶのがおすすめです。

研磨剤で汚れを落とす事もできるのですが、逆に歯の表面を傷つけることもあるのです。
そこに色素が入り込むことも、無いではありません。

歯を白くする方法まとめ

歯を白くする方法として最も効果的なのは、実は歯を染めないことなのです、なので予防することが最も効率的でお金もかからないのですね。

しかし歯の着色は決して、後天的なものばかりではありません。
遺伝的なものもありますし、生活習慣の問題からも出てきます。

またこれは本当に仕方ないことですが、加齢の結果歯が黄ばんでしまうのは必至です。

予防することで歯を白くする事ができれば、それに越したことはありません。

しかし予防のかいもなく歯に着色汚れがついてしまったら歯科医との相談をまずしてください。

原因を探り、できるだけ歯を傷つけること無く白くする方法、歯科医とともに探っていってくださいね。

ホワイトニングは正直、他の方法に比べて効果的なやり方です。
とは言っても人それぞれです。

自分に一番合う方法、歯科医と相談しつつ探していきましょう。

更新日:

歯のホワイトニング TOP

Copyright© シロイハナコ , 2019 All Rights Reserved.