インプラント治療は入れ歯などのように単に失った歯の代わりを入れるだけでなく、歯茎に土台を作ってそこに人工の歯を入れるという治療です。入れ歯などと違ってしっかりと噛めるのが大きな利点で、しかも白い歯を得ることができます。しかし保険外治療であることと、歯茎に穴を開けての手術となることが最大のデメリットになります。そこまで大変なインプラント治療で得た歯、ホワイトニングもきっちり行いたいものですね。

コラム

インプラントした歯は白いままを保ちたい!インプラント治療のメリットとデメリットとは

投稿日:

インプラント治療ってどんなものかを知りたい

近頃話題の歯科の治療、インプラント治療です。

インプラントした歯は白いままを保ちたい!インプラント治療のメリットとデメリットとは
これまでは失った歯を補うには、ブリッジや義歯を使用するしかありませんでした。

しかしブリッジの場合、一番奥の歯などの隣接する歯がない場合、また隣の歯が健康でない場合は利用ができません。

義歯は最も一般的な失った歯の代用ですが、しっかりと噛むことができず、また手入れも面倒であることなどもあり、何より自然な歯の代わりにはなってくれません。

これらはしかし、保険の適用内で治療ができるので、今でも最も使用者の多い治療法です。

これに対してインプラント治療は、失った歯、除去しなくてはならなかった歯根の代わりに、土台を埋め込み歯をしっかりと装着させます。

なので外から見ても普通の歯に見えますし、噛むのにも違和感なく使用ができます。

歯科医院でのチェックは折々に必要になりますが、それでも手入れは普通の歯と同じく歯磨きで済みますので面倒がありません。

ぼろぼろになってしまい、色も悪くなってどうにもならずに抜歯した場合など、きれいな歯を取り戻すことができるのです。

インプラント治療が必要になるのはどんな人

このインプラント治療、必要になる人は結構多いですね。

インプラントや義歯というと、高齢者かと普通思ってしまいます。
しかし若い人でも、必要になることがあるのです。

歯を失う原因と言うのは、実は加齢だけではありません。
例えば事故で歯を折ってしまったなどということありますね。

普通の事故だけでなく、スポーツなどで歯を失うこともあります。

アスリートやダンサーの場合、無意識に奥歯を噛み締めることが多く、それで歯を駄目にしてしまうこともありますね。

一番奥の歯の場合ブリッジは使えませんので、義歯かインプラントの二択になってしまいます。

こう言ってはなんですが、高齢者の場合自分でも、まあ仕方ないかという諦めはあります。

しかし若い人の場合、何とかしたいと思って当然ですね。

インプラント治療は、こういった人にもまた必要な治療なのです。

インプラント治療にはどんなメリットが有るの

インプラントで歯を作った場合、メリットは大きいです。

まず噛むことです。
噛むという行動は食事の消化を助けるだけでなく、脳の衰えも防ぐといいいます。

また話す時の口跡にも関係してきます。

歯を失うとこの、しっかりと噛むということがなかなかできなくなってきます。
特に義歯を入れた場合、非常に難しくなりますね。

インプラント治療で新しく作った歯の場合、土台を歯茎に打ち込んで、新たな歯根を作っていますので結果、噛む力を取り戻すことができます。

アンチエイジングにも噛むという行動、実は欠かせません。
歯がしっかりとするということは、健康にも非常に役立ってくれるのです。

その噛む力を取り戻せるのが、インプラントの最大のメリットです。

またこれももちろん、きれいな歯を新しく得ることにもなります。

汚れて弱っていた歯の代わりにきれいな歯を入れられるのですから、白い歯をゲットするという面でも大きく役立ってくれるのです。

インプラント治療のデメリットは何かある

残念ながら、全てメリットばかりという事はありません。

インプラント治療の一番の問題は、保険外の治療であるということです。
かなりの金額が、必要になるのですね。

歯茎に土台を打ち込んでそこに歯を装着するという、治療というよりも手術に近い事を行うのですから、費用もかなりかかってしまいます。

また時間ももちろん、それなりに必要になります。

そしてこの歯茎に土台を、という点ですね。
歯茎が弱っていたりすれば、これは実現が難しくなります。

また歯茎を削るということで、かなり負担もかかってきます。
もちろん金属アレルギーのある人の場合は、無理ということになります。

このあたりがクリアできない場合、インプラントはかなり難しくなります。
つまり、誰でも簡単に受けられる治療では無いということですね。

義歯が人を選ばずに作れるのとは、いささか違ってきますので、その点は最初に担当医に相談が必要です。

インプラント治療したらホワイトニングで白い歯をキープ

白い歯を失ってしまう原因を、まず考えてみましょう。

たくさんの原因がありますが、その代表的なものは食べ物で染まってしまった場合や、歯の磨き残しが原因です。

加齢によって白かった歯がだんだんと染まっていくこともあります。
徐々に色が濃くなっていくのですね。

また元々、いわゆる白い歯ではなく遺伝的に黄色みを帯びた歯の人もいます。
このタイプの人の場合、年齢や歯磨きにかかわらず歯の色に悩まされます。

こういった原因で白い歯を無くした、もしくは持つことができない場合ホワイトニングという手段で歯を白くすることも可能です。

これは歯科医院でやっていますので、知っている人も多いですね。
また自宅でのホワイトニングも、することは可能です。

さてインプラント治療で新しく得た歯、これは正直お金もかかっています。
大事に使わなくてはなりません。

そして新しい歯ですから当然きれいで白い歯です。
周囲の歯から浮いてしまうこともあります。

そんな時こそしっかりと、他の歯のホワイトニングを行いたいですね。

インプラントした歯だけが白い、などということのないように、周囲の歯のホワイトニングも忘れないで行ってください。

-コラム

Copyright© シロイハナコ , 2019 All Rights Reserved.